キリストと共に死に復活する

チア・シード

コロサイ3:1-4   


コロサイ書は、宇宙的な壮大なドラマを見せてくれることがあります。が、問題はその中で生きる私たちの日常生活です。どうも誤った原理により逸らされているのではないか、そんな懸念を投げかけます。さあ、立て直そうではありませんか。
 
私たちは神の前に、申し開きのない有様です。善い人間などひとりもいないのですから。それが、あの十字架により罪状証書が無効とされました。私たちは、キリストにつながるものとされたのです。かつての私は十字架に共に死んで、新たな命を与えられました。すでに復活がひとつなされた捉え方があります。
 
普通復活とは、イエスの復活であり、また将来終わりの日に人が復活させられて審きを受けるという形で考えられますが、少しばかり違うイメージを与える復活観と言えるかもしれません。ここでの復活には、英語ならwithにあたる語が伴っている点が目につきます。キリストと共に立ち上がらせてもらっているのです。
 
顔を上げなさい。抽象的な言い回しに気を取られがちですが、私たちに適切なアドバイスがなされていると言えます。イメージ豊かに、地上のものに心奪われがちな私たちの姿を見せ、地上での生活をコントロールできるように促すようにこの後流れていきます。そのために、何を原理とすべきでしょうか。何を基準とすればよいでしょうか。
 
あなたがたは死んだ。そして復活させられた。アオリストで書かれています。かつてなされた出来事であり、否みようのない事実だというのです。今起こりつつあることではありません。キリスト者は、確かな実感と確信を以て、自分はキリストにあって死に、そして復活を与えられたと証ししていくのです。
 
だから、そこから考えて、いまこの現在どのような生き方をするべきかが定まってきます。コロサイ書はそこをモットーとしています。但し、珍しく未来的なことに触れているのがこの箇所の特徴です。命なるキリストが現れるときのことに、私たちの目を向けさせます。
 
今回はっきりと、キリストと共に、と打ち出していました。すると、私たちも栄光において現れ出ることになるのだ、と慰めます。栄光とはドクサであり、ヨハネの福音書を彷彿とさせる表現です。私たちは大きなスケールの世界観の中で、キリストと共に死に、共に復活し、共に栄光の撃ちに現れるという希望をもらうのです。


Takapan
びっくり聖書解釈にもどります たかぱんワイドのトップページにもどります